<< 夢を現実に! | TOPへ戻る | 長生きしてください! >>

2009/03/20 金

記事あと10日で大会です!

第24回大和流空手道選手権大会のプラグラムができました。
 
例年比べて出場者が増えていて、特に1・2・3年生は、各30人前後のエントリーになっていました。

一般の方も形と組手ともに少しいつもより多かったです。今回はだいぶくじ運が悪かったです。形も一回戦からですので4.5回勝たないと優勝できません。組手は1回戦から手ごわい相手ばかりでした。

大会をするにあたって準備する事はたくさんあります。まず大会の日を決めてそれに対して審判団の要請。これも一人一人審判の先生に対して連絡して案内状を出します。他には大会の種目、ルール、競技規定、トーナメントの作成、表彰状の用意、トロフィーの用意、広告のお願い、お弁当の用意、反省会の会場予約などやる事は多いです。

大会当日にあたっては、まずコートの設営、本部席の設営、審判団の誘導、選手の召集など開会式までに約1時間でしてしまわないといけません。

試合が始まれば、1コートずつ選手を集めて、赤と青に分けていきます。形も組手も待っている選手に赤・青の帯を順番につけていきます。組み手の場合はポイントの掲示もします。

各コートごとに決勝戦を残して、順番にトーナメントをこなしていきます。他の大会では1コートずつ決勝まで済ましてしまいますが、決勝は後回しというのが大和流のやり方です。そうすると負けたら帰るというのが無くなり、最後まで同じ道場の残っていると応援するということになります。閉会式もみんな残っているので他の大会より見栄えもいいです。

そのあとは会場の掃除をして備品を車に積んで、審判団の方と反省会をかねた食事会です。

審判で招待される事も多いので、他の大会の進行状況は結構気になります。
僕の中では、どの大会よりもスムーズにできていると思っていますので、試合を見に来る機会があれば、そういう大会の流れや本部の動きに注意して見るのもいいかもしれません。

1 主催 第24回大和流修道会空手道選手権大会
2 共催 姫路市空手道連盟
3 期日 平成21年3月29日(日) 午前9時30分より
4 会場 姫路市立総合スポーツ会館(剣道場)

トラックバック URL


コメント

コメントフォーム